写真測量

写真測量

https://wakoit.com/wp-content/uploads/2020/06/0257099b43ef80b477d90c26ba67ba68.mp4 写真測量・オルソモザイク作成 写真測量とは 地形が重なり合うようにずらして撮影した空中写真から、ステレオ写真の原理を用いて、3次元の位置情報を取得する空中写真測量のことです。 オルソ画像とは ドローンで空から撮影した複数枚の写真を組み合わせて、傾きや歪みを配して正確な位置と大きさに表示されるように補正した「写真」のことをオルソ画像と呼びます。直接的な意味での「測量」とは異なるかもしれませんが、ドローンによる点群データの取得とあわせて作成します。 (出典 オルソ画像とはl国土地理院) 3次元点群データについて 地形を3Dデータで読み取って、立体的に把握できます。地形の状態を知ることで、災害時の現場調査や原因究明に役立ちます。防災に取り組むための 検討材料にもなります。 数値地形図での出力も可能。国土交通省の基準値をクリアします。 数値地形図の地図情報レベルは、500レベルをクリアしておりますので、設計段階での利用も可能です。地形の3Dデータが建築物の構造を検討する上で参考になるため、建築や土木等の現場で採用される機会が増えています。 i-construction 対応 土量計算・BIM・CIM i-construction対応致します。土量計算もあっという間。 また、BIMやCIMへの出来高管理での活用も可能となっております。 進捗状況の確認、土地活用、資材管理 現場全体を俯瞰図として様々な角度から確認できますので、工事の進捗状況など一目で分かります。現場に居なくても全体像が把握できますので、現場に入っていない者でもわかりやすい資料が作成できます。例えば、資材の搬入計画など邪魔にならないルートはここを通した方がよいのでは」といった意見を、3D化した写真モデル上で寸法計測しながら工事関係者と情報共有し、スピーディーな現状把握と合意形成や意思決定も簡単に説明できます。また、それぞれ数値情報をもっていますので、資材の高さ、空きスペースの活用方法など、様々なシーンで活用いただけます。 ワークフロー 現場選定 業務場所周辺環境をしっかりと確認致します。事前にリスク管理を確実に行う事で、万が一の事故防止等に加えて各種