ワークフロー

現場踏査

地元猟友会及び管轄機関との対象害獣情報交換

フライトコースの選定

M210飛行中

捜索フライト

成果品の編集

業務場所周辺環境をしっかりと事前に把握します。事前にリスク管理を確実に行う事で、万が一の事故等に加えて各種飛行に係る許認可証の取得不備を防ぎます。

捜索対象となる害獣の情報を地元の関係者と交換する事で、よりその地域に特化した生態の把握に努めます。

地元の関係者と交換し、得た情報をもとに、より効果の見込める捜索個所を選定して参ります。

全ての事前準備及び安全運航管理が完了しましたら、事前に選定又は作成したフライトコースに基づき、捜索フライトを行います。

捜索フライトにて、取得した対象害獣の発見場所データをもとに、座標値を抽出してwebマップ上で共有出来る形の成果品を納品致します。

業務実例

長門市青海湖周辺分布図

萩市大井町周辺分布図