ワークフロー

現場選定

各出動機関との打合せ・協議

フライトコースの選定

輸送物件の確認

輸送フライト

業務場所周辺環境をしっかりと事前に把握します。事前にリスク管理を確実に行う事で、万が一の事故防止等に加えて各種飛行に係る許認可証の取得不備を防ぎます。

各出動機関と打合せ・協議を綿密に行い、担当区分の確認を確実に行う事で、無駄の無い活動を致します。

フライト対象区域の確認を行い、航空法に準じたフライトコースを作成致します。

 

輸送希望の物件内容物の確認を確実に行います。物件内容物の確認を行う事で、輸送に無理のない重量か、天候状況に見合った重量か、又は許認可に抵触する内容物ではないか、といった点をクリアに致します。

全ての事前準備及び安全運航管理が完了しましたら、輸送フライトを行います。

業務実例

山口県岩国市訓練

2019山口県総合防災訓練