ワークフロー

現場踏査

撮影対象及び撮影箇所確認

フライトコースの選定

自動航行コースの作成

定点観測フライト

業務場所周辺環境をしっかりと確認致します。事前にリスク管理を確実に行う事で、万が一の事故防止等に加えて各種飛行に係る許認可証の取得不備を防ぎます。

定点観測撮影業務を行う、構造物及び建設予定地の現場確認を実際に撮影しながら行います。この際に取得した静止画像データを基に撮影箇所や撮影アングルの確認・確定を行います。

フライト対象区域の確認を行い、航空法に準じたフライトコースを作成致します。

 

撮影箇所、撮影アングル等を基に事前に取得している静止画像データから位置情報を抽出し、それを基に自動航行コースを作成して参ります。

基本的に1チーム3名体制にてフライトを実行するので、安全運航管理面におけるご安全を約束致します。

業務実例

プラント設備撮影

新設道路撮影