ワークフロー

現場選定

業務場所周辺環境をしっかりと確認致します。事前にリスク管理を確実に行う事で、万が一の事故防止等に加えて各種飛行に係る許認可証の取得不備を防ぎます。

基準・検証点の設置

飛行対象区域の確認を行い【UAV搭載型レーザースキャナを用いた公共測量マニュアル(案)】に準じた基準・検証点の配置位置を選定致します。

計測フライト

基本的に1チーム3名体制にてフライトを実行するので、安全運航管理面におけるご安全を約束致します。

点群データの編集

計測フライトにて取得したデータを現地で直ぐにプレデータとして展開し、取得データの内容を確認。計測フライト後、約15分で取得データのプレ確認が出来ますので、業務の履行状況を即座に把握する事が可能です。これにより、万が一のデータの取得漏れを防ぎます。

成果品データの編集

計測フライトにて取得した点群データを調整後、RGBデータ(カラーデータ)を合成し、より視覚的に分かり易い形での成果品を作成・納品させて頂きます。

業務実例

山口県岩国市管内計測

山口県岩国市管内計測

福井県福井市管内計測

福井県勝山市管内計測

福井県勝山市管内計測